劇団レトルト内閣 【演劇・大阪】

演劇用語辞典 | 舞台用語辞典

演劇や舞台の専門用語の意味や、劇団レトルト内閣に馴染みの深い言葉を解説します。

奈落 (ならく)

奈落(ならく)は、ホール・劇場などにおけるの舞台機構の一つ。舞台の真下のスペースや、花道の床下をいう。
回り舞台や迫り出しの装置があり、通路にもなる。ホールによってはオーケストラピットも兼ねる装置を奈落と呼称する例もある。この空間が「奈落」と呼ばれるようになったのには、一般的には暗くて深い所に位置するからと言われるが、一説には華やかな演劇舞台の陰に嫉妬や怨念が潜んでおり、この場所では霊的な現象などを含め、事故など様々な事象が起こることがあるからともいわれる。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

演劇用語辞典・用語一覧ページへ

劇団レトルト内閣

関西学院大学の演劇サークルを母体として2001年に結成した劇団。座長は川内信弥、演出・脚本・音楽は三名刺繍が担当。ABCホール・HEP HALLなど大阪の劇場を中心に演劇の舞台公演を行っている。