劇団レトルト内閣 【演劇・大阪】

演劇用語辞典 | 舞台用語辞典

演劇や舞台の専門用語の意味や、劇団レトルト内閣に馴染みの深い言葉を解説します。

新劇

新劇(しんげき)は、ヨーロッパ流の近代的な演劇を目指す日本の演劇を指す。旧劇(歌舞伎を指す)、新派劇(書生芝居の流れ)に対する言葉。当初翻訳劇を中心に始まり、歌舞伎や新派劇の商業主義を批判し、芸術志向的な演劇を目指した。
新劇の起こりは明治時代末期、坪内逍遥・島村抱月らの文芸協会や、小山内薫・市川左團次 (2代目)の自由劇場の活動に求められる。新劇運動が確立したのは、関東大震災後に作られた築地小劇場の活動による。これは小山内薫・土方与志が開設したものである。小山内の死後、プロレタリア演劇運動が盛んになり、築地小劇場も分裂。のちに国家の弾圧を受けた。 最も古い劇団として文学座(1937年結成)や俳優座(1944年結成)があり、第二次世界大戦後には劇団民藝(1950年結成)が創設された。戦後は地方でも、関西芸術座(大阪、1957年結成)など劇団の創設が相次いだ。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

演劇用語辞典・用語一覧ページへ

劇団レトルト内閣

関西学院大学の演劇サークルを母体として2001年に結成した劇団。座長は川内信弥、演出・脚本・音楽は三名刺繍が担当。ABCホール・HEP HALLなど大阪の劇場を中心に演劇の舞台公演を行っている。