劇団レトルト内閣 【演劇・大阪】

演劇用語辞典 | 舞台用語辞典

演劇や舞台の専門用語の意味や、劇団レトルト内閣に馴染みの深い言葉を解説します。

月食 (月蝕)

月食(げっしょく、月蝕、英語: lunar eclipse)は、地球が太陽と月の間に入り、地球の影が月にかかって月が欠けて見える現象である。
日食と違い、月が地平線より上に見える場所であれば地球上のどこからでも同時に観測・観察できる。

劇団レトルト内閣第13回公演「楽園狂想曲」は、「月食病」と呼ばれる未知のウイルス病をめぐって引き起こされる、サスペンスストーリーである。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

演劇用語辞典・用語一覧ページへ

劇団レトルト内閣

関西学院大学の演劇サークルを母体として2001年に結成した劇団。座長は川内信弥、演出・脚本・音楽は三名刺繍が担当。ABCホール・HEP HALLなど大阪の劇場を中心に演劇の舞台公演を行っている。