劇団レトルト内閣 【演劇・大阪】

演劇用語辞典 | 舞台用語辞典

演劇や舞台の専門用語の意味や、劇団レトルト内閣に馴染みの深い言葉を解説します。

梅田芸術劇場

梅田芸術劇場(うめだげいじゅつげきじょう)は、1992年11月に大阪市北区茶屋町の「ちゃやまちアプローズ」内に開場した劇場である。メインホール(1階)とシアター・ドラマシティ(地下1階)がある。2005年4月1日にリニューアルオープンした。

メインホール(旧・梅田コマ劇場)
オープン当時は「劇場・飛天」だった。その後、かつての前身劇場「梅田コマ・スタジアム」から“梅田コマ”の名を襲名し、「梅田コマ劇場」に改称。 更に後に、現在の名である「梅田芸術劇場」(梅芸)に改称されてからは、そのメインホールとして現在に至る。 客席の天井中央には、大きなシャンデリアがある。開演前には、低く下ろし、開演と同時に天井に引き上げる仕掛け(現在は常時引き上げた状態)である。客席数は1905席。
「梅田コマ劇場」というのは、そもそもは、1956年11月に完成した「梅田コマ・スタジアム」がその前身で、現在の「HEP FIVE」の東半分の位置にあった劇場である。長らく「ウメコマ」の愛称で親しまれたが、スタジアムの飛躍発展的移転という位置づけで「劇場・飛天」が新たに建設される事になり、1992年9月に閉場した。 スタジアムの跡地は数年間更地となっていたが、当時西に隣接していた「阪急ファイブ」(1971年完成)が建て替えされることになり、阪急ファイブ跡地と梅田コマ・スタジアム跡地を活用してHEP FIVEが建設された。

シアター・ドラマシティ
ミュージカル公演のほか、落語会「朝日東西名人会」の会場としても使用される。 客席数:898席

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

演劇用語辞典・用語一覧ページへ

劇団レトルト内閣

関西学院大学の演劇サークルを母体として2001年に結成した劇団。座長は川内信弥、演出・脚本・音楽は三名刺繍が担当。ABCホール・HEP HALLなど大阪の劇場を中心に演劇の舞台公演を行っている。