まつりGORIN 特設サイト | 劇団レトルト内閣【演劇・大阪】

ニュース

作品紹介

まつりGORIN

フライヤーPDF

ページの先頭へ

作品紹介

レトルト内閣は、座付き作家三名刺繍が制作するオリジナル楽曲を使った音楽劇にこだわってきた。
近年では、関西を代表するミュージシャンたちとタッグを組み、サックス武井努、ギター菱沼カンタの書き下ろしを含め、即興的に演奏されるバックミュージックで、多彩な音空間を提供している。

まつりGORINは、世界各国の音楽をテーマに、ワールドミュージックの色彩を持つ音楽劇である。サックス、エレキギター、ベース、ドラムの音色の他に、笛の音色や、パーカッションなど、複数の音色を組み込んでいる。縦横無尽に奏でられる太鼓のサンバリズムに、狂おしく咆哮するサクソフォンの響き。迫力のバンドで届けるカーニバル音楽に、思わずお尻が浮き上がる。

まつりGORIN

前回本公演 / 音楽劇「エピメテウスの眼鏡」プロモーション映像

前々回本公演 / 音楽劇「オフィス座の怪人」プロモーション映像

ページの先頭へ

劇団レトルト内閣

華やかなのにダーク、B級なのに耽美という独自路線を開拓し続ける劇団レトルト内閣。その舞台はエンターテインメントでありながら、音楽から想起されるパフォーマンスアートとしても高評価を得ており、エレガンスロック演劇という独自のジャンルを切り開く。
2001年、関西学院大学の演劇サークルを母体として、座長・川内信弥(かわちしんや)を中心に旗上げ。演出・脚本・音楽は三名刺繍(みなししゅう)が担当。近鉄アート館、HEP HALL、ABCホールなど、大阪の劇場中心に2018年現在で27回の演劇公演を重ねてきいる。

劇団レトルト内閣公式サイト

近年の作品

文明ノ獣

第27回公演「エピメテウスの眼鏡」
(2018年1月 HEPホール)

世界でもっともおろかな私が、世界をちょっとだけ変える。全編生バンド演奏で描く、喝采の音楽劇。

「エピメテウスの眼鏡」特設サイト

文明ノ獣

第26回公演「オフィス座の怪人」
(2017年3月 近鉄アート館)

そのオフィスの地下書庫には怪人がいるという。その歌声は、出世に響くという。サラリーマンの、愛とロマンと冒険を歌い上げる壮大な音楽劇。

「オフィス座の怪人」特設サイト

文明ノ獣

第25回公演「革命少年」
(2016年9月 近鉄アート館)

15周年記念公演。
激動の時代、神戸に生きた在日コリアン一家の物語。
エレガンスロックの旋律で描く、極彩色の浪漫譚!

「革命少年」特設サイト

猿とドレス

第24回公演
「まことに神の造りしをんな ― 智恵子抄 ―」
(2015年12月 ABCホール)

原点回帰のエレガンスロック音楽劇。
日本史上最も有名なラブストーリー・智恵子抄。

「まことに神の造りしをんな」特設サイト

文明ノ獣

第23回公演「文明ノ獣」
(2015年6月 近鉄アート館)

近鉄アート館初進出作品。
双子の数奇な運命を通じ、激動の戦後70年を描く。

「文明ノ獣」特設サイト

酔筆奇術偏狂記

第22回公演「酔筆 奇術偏狂記」
(2014年8月 HEPホール)

脚本・演出の三名刺繍が、自らの祖父であるマジシャン・金沢天耕(1909-1995)をモデルに書き下ろした、ヒストリカル・マジック戯曲!!

「酔筆 奇術偏狂記」特設サイト

ゴシップ

第21回公演「ゴシップ」
(2013年11月 HEPホール)

噂に支配される架空の村を舞台とした心理サスペンス演劇。映像プロジェクションマッピングを駆使したステージ演出も必見。

「ゴシップ」特設サイト

倦怠アヴァンチュール

第20回公演
「倦怠アヴァンチュール」
(2013年2月 HEPホール)

劇団代表作の再演作品。明るく切ないニューハーフの生き様を描いた大阪発エレガンスロック演劇。

「倦怠アヴァンチュール」特設サイト

金色夜叉オルタナティブ

第19回公演「金色夜叉オルタナティブ」
(2012年6月 HEPホール)

近代文学の金字塔、尾崎紅葉の「金色夜叉」を大胆リメイク!新解釈・エレガンスロック版「金色夜叉オルタナティブ」。

「金色夜叉オルタナティブ」特設サイト

ページの先頭へ

みなししゅう

三名刺繍

劇団レトルト内閣の座付脚本家。旗揚げ以来、全作品の脚本・演出・音楽を手掛ける。

演劇と音楽に留まらず、映像や身体表現から影響を受け、パフォーマンス性の高いステージングを展開。舞台作品やラジオドラマ等、外部への脚本提供も多く手がけ、「眼帯のQ」でAAF戯曲賞の最終選考にノミネートされる等、活躍の場を広げている。

また、音楽にも造詣が深く、バンド「白色テロル」を主宰。2013年の解散まで、全楽曲の作詞作曲を手掛け、外部への楽曲提供も行う。演奏家として磨かれたセンスは劇作にも色濃く反映され、耽美と笑い、詩と音楽を自在に行き来するエンターテインメント空間を築いている。

誕生日は元旦。

ページの先頭へ