劇団レトルト内閣 【演劇・大阪】

謹賀新年

新たな10年間の第1歩として

 新年あけましておめでとうございます。旧年中は、皆様にはひとかたならぬご支援を賜り、誠にありがとうございました。
 昨年、2011年は旗揚げ10周年記念として、2回の本公演を行うことができました。「さらばアイドル、君の放つ光線ゆえに(HEP HALL)」「猿とドレス ~誰カガワタシヲ盗作スル~(ABCホール)」での上演を通し、「エレガンスロック演劇」を自称してきた私たちの表現スタイルも、より深化させることができたと思っております。
 しかし同時に、災害や事故を目の当たりにしたとき、私たちにできること、やるべきことは何なのかという課題を突きつけられた年でもありました。いまだに答えは手探りではありますが、私たちにできることは、やはりより良い舞台作品を提供することだけだと信じて突き進んだ一年でもありました。
 2011年を踏まえ、本年は新たな10年間の第1歩として、よりお客様に満足いただける作品作りに取り組んでまいりたいと、劇団員一同、決意をあらたにしております。

関西の文化芸術を取り巻く環境の中で

 2001年3月に、神戸の小さな劇場で旗揚げたレトルト内閣ですが、公演を重ね観客動員数も伸び、各メディアで取り上げていただく機会も増えてきました。公演規模が大きくなるにつれ、末端ではございますが、関西の文化芸術の一端を担っているという自負と責任感のようなものも芽生えてきたように思います。
 そういった立場を踏まえ、関西の文化芸術を取り巻く環境を思いますと、見方によっては逆風ととられかねない状況にあります。文化とは、お客様の支持によって生き残り栄えていくものだということを再認識し、「より多くのお客様にチケット価格以上の満足を」という目標に改めて向かう所存です。

 2012年の劇団レトルト内閣は、まず2月にアートギャラリーフジハラにて「シリーズ蛇の足」と銘打つ番外公演を、6月にはHEP HALLにて本公演を行う予定です。
 本年も、劇団レトルト内閣劇団員一同、より良い作品の創作に全力で取り組んでまいります。

 最後になりましたが、この新しい年が皆様にとって健康で幸多き年になりますよう、心よりお祈り申し上げます。

2012年 元旦

劇団レトルト内閣座長 川内信弥

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

劇団レトルト内閣

関西学院大学の演劇サークルを母体として2001年に結成した劇団。座長は川内信弥、演出・脚本・音楽は三名刺繍が担当。ABCホール・HEP HALLなど大阪の劇場を中心に演劇の舞台公演を行っている。