劇団レトルト内閣 【演劇・大阪】

演劇用語辞典 | 舞台用語辞典

演劇や舞台の専門用語の意味や、劇団レトルト内閣に馴染みの深い言葉を解説します。

ワイルド

オスカー・ワイルド(Oscar Wilde, 1854年10月15日 - 1900年11月30日)は、アイルランド出身の作家、劇作家。戯曲『サロメ』や『真面目が肝心』、小説の『幸福な王子』や『ドリアン・グレイの肖像』などを書いた、ヴィクトリア朝時代イギリス文学作家の一人である。

劇団レトルト内閣の第6回公演「病める華」は、ワイルドの『ドリアン・グレイの肖像』を戯曲化した作品である。レトルト内閣初の原作作品であった。また、この作品において初めて、全楽曲オリジナル音楽を生演奏するという演劇スタイルを試みた。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

演劇用語辞典・用語一覧ページへ

劇団レトルト内閣

関西学院大学の演劇サークルを母体として2001年に結成した劇団。座長は川内信弥、演出・脚本・音楽は三名刺繍が担当。ABCホール・HEP HALLなど大阪の劇場を中心に演劇の舞台公演を行っている。