劇団レトルト内閣 【演劇・大阪】

演劇用語辞典 | 舞台用語辞典

演劇や舞台の専門用語の意味や、劇団レトルト内閣に馴染みの深い言葉を解説します。

舞台照明

舞台照明(ぶたいしょうめい)は、舞台を「光」によって演出するための灯具・調光装置・配電設備などを含んだ舞台用照明設備のこと。 日本国内の各地に建設されている多目的ホールでは、舞台をさまざまな用途に利用できるよう、定石的な設備が用意されており、催物によって照明灯具の場所・光の照射方向・調光設定を変更できるようになっている。一方、クラシック専用ホールや演劇専用の舞台では、限定された用途の催物を効果的に演出するための設備が用意されている。また「野外コンサート」など仮設舞台では、独特の照明セッティングが行われている。

劇団レトルト内閣の舞台照明は、照明デザインから公演のオペレーションまで劇団員の奥野淳也が担当している。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

演劇用語辞典・用語一覧ページへ

劇団レトルト内閣

関西学院大学の演劇サークルを母体として2001年に結成した劇団。座長は川内信弥、演出・脚本・音楽は三名刺繍が担当。ABCホール・HEP HALLなど大阪の劇場を中心に演劇の舞台公演を行っている。