劇団レトルト内閣 【演劇・大阪】

演劇用語辞典 | 舞台用語辞典

演劇や舞台の専門用語の意味や、劇団レトルト内閣に馴染みの深い言葉を解説します。

ナイトカルチャー事業

ナイトカルチャー事業(ないとかるちゃーじぎょう)は、大阪商工会議所が、大阪に住み・働く人々や国内外からのビジターが「豊か」で「楽しく」、「安全」かつ「文化的」なナイトライフを過ごせる街・大阪を目指し、「大阪ナイトカルチャー」事業として実施してる事業。

具体的には
・ 演劇やコンサートなどのレイトショー(開演時間が午後7時30分以降の公演)の普及促進
・ 多様性溢れる夜型エンターテインメント及び観光メニューの開発
・ 公共交通の深夜運行促進など、夜間における都市機能強化及びインフラの整備促進
などの事業を推進している。

演劇用語辞典・用語一覧ページへ

劇団レトルト内閣

関西学院大学の演劇サークルを母体として2001年に結成した劇団。座長は川内信弥、演出・脚本・音楽は三名刺繍が担当。ABCホール・HEP HALLなど大阪の劇場を中心に演劇の舞台公演を行っている。